FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.07.07 (Fri)

たんぱく質



今日はたんぱく質の話をしたいと思います。

たんぱく質は、筋肉や臓器、また皮膚など、私達の身体の
主成分となり、また酵素やホルモンの材料にもなる栄養素です。

たんぱく質は、数百以上のアミノ酸がつながっているもので、
そのつながり方やアミノ酸の種類によって色々なたんぱく質があります。
(例えば、よく耳にする“コラーゲン”も、たんぱく質です)

アミノ酸は、自然界には500種類以上もあると言われていますが、
私達の身体を作っているのは20種類です。

このうち、身体で合成できないアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ、
食物から摂取しなければなりません。

アミノ酸には、それぞれ異なる働きがあることが分かっており、
例えばアスパラギン酸は、身体を動かすために必要なエネルギーの
生成を助ける働きがあるため、スポーツドリンクなどに配合されています。


10:36  |  栄養の基本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.12 (Mon)

栄養の話 ~炭水化物 ② ~


「炭水化物」 「糖質」
どちらもよく耳にすることがあるのではないかと思いますが、
この2つの違いはご存知でしょうか。

簡単にまとめると、下記のようになります。

炭水化物 ⇒ ① 消化性炭水化物 (いわゆる糖質)
          ② 難消化性炭水化物 (食物繊維)

①の糖質は、
人の体内で消化でき、身体を動かすためのエネルギー源として
利用することが出来ます。また、1gあたり約4キロカロリーに
なります。

②の食物繊維は、
人の体内でほとんど消化することが出来きませんが、一部分は
腸内菌の働きによって分解されます。この分解されるときに
エネルギーが生産されるのですが、個人差があると言われて
おり、1gあたり0~2キロカロリー程度と言われています。



10:17  |  栄養の基本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.09 (Fri)

栄養の話 ~炭水化物~

こんにちは。

関東地方も梅雨入りの発表がありました。

ジメジメする時期であり、また寒暖の差が大きく、
体調を崩しやすいですのでお気をつけくださいね。

**************

今日は炭水化物の話をしたいと思います。

炭水化物は、人の身体では合成することが出来ない栄養素
であり、食事からとるしかありません。

また、炭水化物には多くの種類があるのですが、栄養学的に
とくに重要であるのは、身体を動かすために必要なエネルギー
源となる“糖質”と、様々な生理機能を持つ“食物繊維”の2つです。

【体内での働き】
・身体を動かすエネルギー源になる
・貯蔵エネルギーになる
・“核酸”など、組織の構成成分となる

【不足すると】
・疲労感や脱力感の原因となり、不足が長期に渡れば体重が減少
します。脳や神経系にもエネルギーが供給されないので、ひどい
場合には意識を失うこともあります。

【とり過ぎると】
・中性脂肪として体内に蓄積されます。蓄積が過剰になれば肥満や
脂肪肝、血中の中性脂肪値高値の原因となります。



15:32  |  栄養の基本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.25 (Thu)

栄養素の働き

こんにちは。
今日は前回の続きのお話です。

おおよそ45~50ある栄養素は、身体の中での働きによって
おもにエネルギー源(熱量)になる炭水化物、脂質、たんぱく質と、
身体の調子を整えるビタミンやミネラルに分類されます。

1つの食品で、身体に必要なすべての栄養素を含む食品は
残念ながらありません。

色々な食品を組み合わせて食べることが、
バランスのとれた食事への第一歩になります(^^)/

09:44  |  栄養の基本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.19 (Fri)

栄養素の種類



こんにちは。
今日は栄養素の種類と、その働きについてお話します。

食品に含まれる栄養素は、現在おおよそ45~50種類と言われていますが、
体内で似たような働きのものでまとめると、大きく5つに分けることが出来ます。

① 炭水化物 (糖質・食物繊維)
② 脂質
③ たんぱく質
④ ビタミン
⑤ ミネラル

*上記のうち、炭水化物、脂質、蛋白質は身体を動かすためのエネルギー源
  となり、 3大栄養素と呼ばれています。

*上記の栄養素以外にも、例えばポリフェノールや乳酸菌など、身体のバランスを
  維持したり、疾病の予防に効果が期待できるとして注目されている成分があり、
  最近注目されています。

  
  それぞれの働きについては、また次回お話したいと思います(^^)



10:13  |  栄養の基本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT