04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.05.27 (Fri)

薄味には慣れることができます

こんにちは。

まだ5月ではありますが、夏日が続き
体調管理が難しい日が続ていますね。

*******

今日は減塩の話をしたいと思います。

最近は「減塩」という言葉が浸透しつつあるものの、
これまでの味付けを急に変えることの難しさを感じ
られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ある研究では、塩分濃度を薄め(0.8%濃度)にし
た味噌汁を毎朝食べて、どの位の期間でその味に
なれるかを観察したところ、ほとんどの方が1週間
~10日ほどで薄い味噌汁を丁度よいと感じるよう
になったそうです。
(参考文献:おいしさの化学・幻冬舎)

薄味に慣れるには少なくとも1週間。
コツコツ、減塩生活を続けたいですね。
スポンサーサイト
10:13  |  減塩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.10.20 (Mon)

だしの塩分

天高く馬肥ゆる秋
空が澄み、気持ちのよい気候ですね。

しかしながら
朝晩の冷え込みは厳しくなってきました。
衣服の調整、乾燥対策など
体調を崩されないようにしてください。


**********


今日は「だし」についてお話します。

「だし」は汁物や煮物をはじめ、和洋中に限らず、
お料理の基本となります。

減塩をする場合にも、
だしのうま味が調味料の節約となります。

ただし、だしにも塩分は含まれます。
特に市販のだしには多く含まれますので、
可能であればご家庭で削り鰹や昆布などから
だしをひくようにしたいですね。

市販の出しを利用する場合にも
最近は食塩無添加のだしも売られていますので
塩分表示を確認して選ぶようにしましょう。





14:15  |  減塩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.13 (Fri)

暑い季節の塩分のとりかた

こんにちは。

梅雨入りしてから連日雨が降り、蒸し暑い日が
続いていますね。

*************

ここ数年猛暑が続き、熱中症になる人が増加して
います。

熱中症対策のために、夏は水分補給だけでなく
塩分も多めにとる必要があるといった声も多く
聞くようになりましたが、普段血圧が高く、
減塩している方はどうすればよいでしょうか。

確かに汗をかくと、水分と同時に塩分も失われます。

激しい運動や、肉体労働で長時間に渡って
大量に汗をかいた場合には水分とともに
ミネラルや塩分を補給した方が良い場合もあります。

しかし、日本人は1日に必要な塩分量よりも
多く摂取している場合が多いこともあり、
通常の生活で汗をかく程度であれば水分を補給
するだけで十分な場合が多く、血圧コントロールの
ためにも、1年中減塩することが大切です。

こまめな水分補給は忘れずに。
そして減塩も忘れず、暑い夏を乗り切りたいですね。
10:03  |  減塩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.04.11 (Fri)

講習会に参加しました

先日講習会へ参加してきました。
テーマは高血圧予防のための「健康な食事」です。

セミナー

食塩の過剰摂取は高血圧だけでなく、
脳卒中、心臓病、腎臓病、さらに胃がんや骨粗鬆症の
リスクとなることが分かっています。

つまり、減塩は血圧が高い人だけがすれば良いのではなく、
お子様も含めて全ての方が意識をすることが大切です。

今回の講習会に参加して
無理がなく、続けていける減塩に取り組むことが
成功する大きなポイントであると改めて感じました。

健康的な和食の良さを生かしつつ、
美味しい減塩生活を続けられるお手伝いが出来きるように、
このブログを充実させていきたいと思っています。


************


今日の最後に…

講習会でも話題にあがっていた“食塩含有量”に
ついてお話します。

食品の包装などに、エネルギー(カロリー)などの
栄養表示がされているのをご覧になったことが
ある方、多いのではないでしょうか。

その表示欄をよく見ると、“食塩相当量(塩分)”と
記載されているものと、“ナトリウム”と記載されて
いるものがあり、ナトリウム量と記載されている時には
食塩相当量に換算します。

食塩相当量(g)=ナトリウム量(㎎)× 2.54 ÷ 1000

例えばナトリウム500㎎と表示がされていたら
 500 × 2.54 ÷ 1000 = 1.27g
つまり食塩相当量は1.3gです。


*おおよその量として、下の2つを覚えておくと便利です。

食塩相当量約 1 g ⇒ ナトリウム400㎎

食塩相当量約 0.3 g ⇒ ナトリウム100㎎


講演されていた先生もおっしゃっていましたが、
とても分かりずらいので、全ての食品が食塩相当量の
表示になれば良いのに…と思います。
(今後、食塩相当量に統一されていく方向に向かって
いるとのことです



10:46  |  減塩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.03.27 (Thu)

漬物の塩分

こんにちは。

春分を過ぎ、桜も開花していよいよ
春本番を迎えます。

しかしながら寒暖の差があるため
体調を崩しやすい時期でもあります。

衣服で体温のコントロールをするなど
留意して過ごしたいですね。



**************


今日は漬物に含まれる塩分のお話です。

毎日の食卓に必ず漬物がのぼる、
塩分のとり過ぎは気になるが漬物は
食べたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

漬物は、漬け時間や野菜の種類によって含まれる
塩分量が違うため、普段よく食べる漬物に
どの位塩分が含まれているか確認しておくことが
大切です。

☆一般的に漬け時間が長いと塩分は高くなります。
 減塩するためには浅漬けに。
 また水に浸して塩抜きをすると減塩になります。

☆漬物にかけじょうゆをかけるのはやめましょう。
 かけじょうゆ小さじ1杯で、約1gの塩分が
 プラスされてしまいます。

☆酢漬けや甘酢漬けにすると他の漬物よりも
 塩分を抑えることが出来ます。
 しかし、甘味が強いものは塩分も多く含まれ
 がちのため、注意が必要です。




11:06  |  減塩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。